上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【大会名】つくばマラソン
【開催】2013年11月24日(日)

Mさん

快晴、風無し、気温やや高めという天候のもと、高速コースと呼ばれるつくばマラソンを走ってきました。
タイムは、グロスで3時間58分38秒、ネットで3時間55分52秒。ぎりぎりで通算7度目のサブ4死守。
ベストは3週間前の湘南国際での3時間43分36秒(ネット)なので、タイム的には撃沈というほどのものではありませんでしたが、途中心は完全に折れて後味の悪いレースとなってしまいました。

(レース前)

今年は4月~9月の間、月間走行距離が200kmを超え、自分としてはかなり走り込んでいました。9月と10月にはインターバルやビルドアップも取り入れスピードを強化。おかげで、なんとか11月上旬の湘南国際では念願の安田美沙子超えを達成。1週間前のよこはま月例10km走でも44分45秒、初めて45分の壁を打ち破り。昨年も、湘南国際からつくばという流れで走っており疲労の懸念は全くありませんでした。目標は大きくサブ3.5。この勢いのままつくばに乗り込んだのでした。

(コース概要)
つくばマラソンは、高低差11m、国内屈指のフラットなコース。全国から1万6千人を超えるランナーが集まり、今回で33回を迎える歴史のある大会です。研究学園都市の街並みは、紅葉が色とりどりに美しく、ランナーの気持ちをしっかりとつかんでいます。コースは、やや道幅が狭い部分があったり、段差があったりで、特に、スタート直後は混雑して渋滞が起こりますが、比較的同じブロックのランナーはペースも同じなので、それほど気にはなりません。折り返してからは、エリートランナーや仲間ともすれ違い、気分は高揚します。最後は、大学構内で応援も増え、競技場ゴールまでが頑張りどきです。

(レース展開)
会場には、直行バスでスタート1時間半前に到着。つくばエキスプレスで行くことも考えましたが、シャトルバスの行列待ちがあると聞きバスを選択。脚が温存できると思ったものの、後部座席のおばちゃん達の会話が異常に大きく、ipodを最大音量にして回避。おまけに暖房が効きすぎ暑いくらい。若干落ち着かない状態のまま、仲間のいる集合場所へ移動。
写真撮影をしてから、とっとと着替えを済ませ、15分ほど準備運動してスタート地点へ。


スタート15分前にはDブロックの前の方に待機。
9時30分にいよいよスタート。最初は、アップする時間も無かったので、流れにのってウォーミングアップの替わり。1kmの通過は5分20秒ぐらい。若干遅いペースだったので少しずつペースアップし、途中から5分/kmをキープ。湘南国際の時は4分40秒~50秒/kmで飛ばし後半失速したので脚力温存、のつもりでした。

中間地点の折り返し地点では、ラン仲間の応援もありまだまだ元気いっぱい。かなり余裕があると思い込んでいました。ちょうど、その頃、顔見知りのランナー2人と遭遇。タイムを見ると湘南国際の時より約3分遅くペースアップし追走。4分40秒~50秒/kmでしばらく背後霊のように背中を追いかけました。ここまではほぼ予定通り。

ところが来ました。突如、横っ腹が痛み出し一気にペースダウン。走ったり歩いたりの繰り返し。30km地点を越えてから更に痛みはひどくなり歩道に退避し歩き始めました。時計を見ながら3分経ったら走ろうって感じです。暑いのせいもあり、アミノバリューを飲みすぎたのが原因と推測します。8分30秒/kmの大失速でした。腹痛での失速は初めての経験です。もはやリタイヤ寸前、完走だけはしたいと気力を振り絞りました。

35km地点だったでしょうか。7分/kmぐらいで走っていたとき、帽子に風船をつけたサブ4のペースメーカーを追う大集団に吸収されました。ここで踏ん張りました。「いけるよ、いけるよ、もう少し」というペースメーカの言葉に元気をもらい、3kmほど並走。しばらくすると横腹の痛みも殆どひき脚力も復活。意地でもサブ4をクリアしてやろうと思う気持ちが勝ち始めました。残り4kmほどでサブ4を確信しロングスパート。5分10秒/kmぐらいだったでしょうか。歩いていたとは思えないほどのごぼう抜き状態、気力も充実、周囲の応援に背中を押されながらそのままゴール。脚は攣りませんでしたが、気分が悪くなり、しばらくおとなしくしてました。

(レースを終えて)

昨年のつくばマラソンは、3時間49分程度。今年の方が明らかに走力が上がっていると思っていたので、うまくいけばサブ3.5もいけるかもしれないと思ったのが間違いでした。後半大失速の典型的なパターンです。腹痛は予想外でした。ただ、かなり歩いてしまったにも関らずサブ4がクリアできたのは収穫です。最後まで諦めない気持ちが大事だとつくづく思いました。また来年もリベンジに参加したいと思います。
このままでは終わらせません。

つくばは、この時期紅葉もキレイで大変走りやすいコースです。タイム狙いで参加する人も多くレベルも高いですが、仮装の方も少数おり、誰でも楽しむことができます。最近はエントリーの為のクリック合戦が大変ですが、ぜひ0次関門を突破し、つくばに参加できることを願いましょう。

おしまい

【コメント】
フルマラソンは、まぐれはないと言われています。
しっかり練習して望めば、結果はついてくるスポーツです。
ただし、腹痛などのアクシデントは、どうすることもできませんね。
フルマラソンは、奥が深い!!

Mさんありがとうございました。


つくばマラソン
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jmcrun.blog84.fc2.com/tb.php/655-551b92d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。