上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【大会名】つくばマラソン
【開催日】2013年11月24日(日)

Iさん

先日のつくばマラソンに出場しました。途中棄権に終わり、悔しい結果となりました
が、
失敗例をお話しするのも何か参考になることがあるかもしれないと思い、
レポートさせていただきます。

今年は部署異動で忙しくなったこともあり、練習量が圧倒的に不足していました。
昨年の9月10月は280km程度の走行距離を積み、万全の体調で秋マラソンに挑んだので
すが、
今年は半分程度。テストとして出走した手賀沼エコマラソンも低調な結果でした。
それでも今できる範囲で納得のいく走りをしたいと思い、調整に努めていた矢先、
風邪をこじらせてしまいます。直前の1週間超、全く走ることができず、
発熱で会社を休んでしまう始末でした。実のところ、当日の朝まで出走するかどうか
悩んだのですが、
止める踏ん切りがつかず、つくばまで向かってしまったのです。

会場でラン仲間と合流し、話しているうちに「ジョグでいけるところまで」と決め、
スタートすることに決めました。私の仲間ものんびりした調子だったので、
気が楽になったのです(余談ですが、そんな調子だったのにも関わらず、
仲間の何人かは自己ベストを更新し、国際レース出場資格のタイムを
たたき出した女子もいました)。

昨年サブ3.5を達成したためにAゾーンからの出走ゼッケンを得ていましたが、
今日はそんなペースで走れないのにと申し訳ない気持ちで並びます。
はじっこを走って追い抜いてもらうつもりでした。
そしていよいよスタート。調子を探りながら走りだします。「キロ5以上には上げな
い」と決め、
つらくない範囲で一定のペースを心がけて、淡々と走ることを心がけました。当日は
気持ちよく晴れ、
11月下旬としては少々気温が高いように思いましたが、すがすがしい空気の中、
意外に軽快な気持ちで足を進めていくことができました。
最初の5kmラップが25分44秒、5-10kmのラップが25分25秒、10-15kmのラップが25分29
秒と
目論見どおりに刻んでいきます。15km付近では本当に気持ちよく走っていて、
このペースを30km過ぎまでできたら意外といいタイムでゴールできそうだなあと
ニヤついていたのでした。
しかし、その後折り返し前後で応援に来てくれた仲間と会ったのですが、自分で思っ
ていたのと違い、
けっこうひどい顔をしていたそうです。会うたびに「無理するなよ」と声をかけられ
ました。
15-20kmのラップは25分16秒、ここまでは良かったのですが、ハーフ地点を越えた
後、
急速に体が重くなってきます。1kmラップが5分50秒くらいまで落ち込んでしまいまし
た。
この時、後ろから来た仲間が「俺、今5分半くらいだけど、一緒に行けそう?」と声
をかけてくれ、
ちょっとだけついてみたのですが、やはりダメでした。
「このまま走るとまた熱が出ちゃうかな。先週も会社休んだのに、マラソン走って風
邪ぶり返すとか
社会人としてどうかな。」と思いつつキロ6弱のペースでずるずると走り、
つくば名物のお汁粉エイドに到着。去年はタイム重視で通り過ぎましたが、
今年はこれを楽しみに来たところもあったので、ありがたくいただきました。しか
し、
ここでゆるんだ心が持ち直せず、歩きだしてしまったのです。
ロードの大会で歩いてしまったのは初めてで、やってしまったという思いはありまし
た。
それでも、もうあと14km弱を走りきる自信もなく、こんなんだったら止めてしまえと
いう気持ちにもなり、
ちょうど見つけた救護所でリタイアを申し出ました。救護所からスタート地点に送っ
ていただいた車の中から
走っているランナーが見え、本当にさびしい気持ちになりました。
そのあとも、仲間を始め、たくさんのランナーがゴールしていくのを見て、正しい決
断だったとは思いつつも、
途中で止めてしまったことに後悔しました。この気持ちはできればもう味わいたくな
いです。
次はタイムが伴わなかったとしても、出来る限りゴールにたどり着こうと決意しまし
た。

体調を考えるとDNSすべきだったのかもしれませんが、自分の現在の力をはっきり見
ることができたこと、
完走することがいかに素晴らしいかを感じることができたことから、出走して良かっ
たと思っています。
今シーズンはまだ終わっていませんし、仕切り直して次こそは納得のいく走りをしま
す。

【コメント】
出走するかどうか難しい決断だったようですね。
フルマラソンは、肉体的にも精神的にもたいへんですが、
完走したときの達成感はすばらしいものがあります。
今回の経験は、必ず時間につながります。

Iさん、ありがとうございました。


つくばマラソン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jmcrun.blog84.fc2.com/tb.php/646-d3db0936
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。