上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【大会名】おんたけスカイレース
【開催日】2013年8月25日(日)

Mさん

OSJおんたけスカイレースは、標高3,000メートルの御嶽山の山頂までを駆け上がります。


私はフルマラソンでようやくサブ4が狙えるところまできた初心者レベルです。トレイルも今年から始めたばかりでした。私にはレベルが高いレースですが、山頂からの絶景を見たさにエントリを決めました。(完走は無理でも絶景は見えるだろうという安易な考え。)大会に備えて、特に変わったことはせずに、LSD主体の練習をしていました。

王滝小中学校をスタートして、御嶽山山頂までひたすら上り、山頂ではお鉢巡りして、王滝小中学校まで下る。というコースです。大まかに言えば、ひたすら上って、ひたすら下るというコースです。上下方向は単調ですが、コースは変化に富んでいます。ロード、林間トレイル(往路・復路で別コース)、スキー場、階段、岩場トレイル、山頂付近は岩登りと多彩なコースです。

最初はロード。スタート直後は多くの人に応援してもらえるがこの坂道がきつかった。山道に入ってトレイル。滝下の沢渡りで渋滞があった。(スキー場、岩場の印象が強かったせいか、トレイル部分の記憶がほとんどないです。)山道を抜けるとスキー場の草原。最初は緩い坂道、上るに連れてだんだんときつくなる。最後は急斜面。最初は走れるが、そのうちに歩きとなる。草原には所々にジャンプしないと渡れない溝があるので注意が必要です。

スキー場を過ぎると、第1関門田の原(12km地点)。いよいよ御嶽山に登る。3.5㎞で1,250メートル登るのできつい。この辺りは低い木ばかり。そのうち、草木もなくなる。最初はダートの参道、次は階段、そして、岩場となる。階段、岩場は走れない。歩きとなる。

御嶽山は信仰の山、そのせいか(年配の方の)登山者が多い。階段から岩場に変わったあたりでは通れるルートが狭く、登る人、下る人で交互の通行となり、結構時間が掛かる。特に私のように遅い者は、山頂を回ってきた多くのランナーとすれ違うので大変でした。

頂上は標高3,000メートル。山頂や途中の道で眺める景色は素晴らしい。この景色を見るために参加したレースでした。。。ところが、ところが、真っ白。。。スタート前からの雨。分かっていたけれどやはり残念でした。絶景を楽しみながら食べる予定の大福もちを雨交じりの中、真っ白な景色を見ながら食べました。まぁ、美味しかったですが。(笑)

荒天のため、お鉢巡り(5.5㎞)は途中から中止とのこと。遅い私は当然のごとく山頂から折り返しとなりました。

冷たい雨と強い風のために身体が冷えたので、山頂の山小屋でストーブにあたり暖をとりました。しばらくするとなぜだか体が震えだし、止まらなくなりました。これはヤバイのでリタイアか。バスに乗りたかった。しかし、トレイルはリタイアしても自分で下山しないといけない。しかたなく、震える体で下山しました。岩場は雨で濡れているので滑りやすい。慎重に下る。走り(歩き)に集中したせいか、標高が下がって気温が上がったせいか、いつのまにか震えが止まっていました。

スキー場の下りは、草が濡れていて滑りやすく何回か転んだが、草地なので痛くない。今回のレース、この下りが一番楽しめたかも。スキー場を抜けると、往路とは別ルートのトレイル。途中から道いっぱいのヌカルミが続く(これが結構長い)。靴が泥だらけになるのはしょうがないが、転倒だけは避けたいと思い慎重に歩く。(こんなところで転んだら全身泥だらけ、それは絶対嫌だ!)
やっとの思いでロードに出る。ここからも下りだが、走りきれない。歩きを交えてゴールを目指しました。途中、宿泊の宿を過ぎるとゴールは近い。ようやくたどり着いたゴール。ホッとしました。(よく帰還できた。)

お鉢巡りが中止となったので、制限時間は11時間から10時間に変更された。お鉢巡りがなくなったので制限時間内に完走することができたと思います。
やはり、私にはレベルが高かった。もっと、登り坂が走れるようになったら、再挑戦してみたいです。その時には是非絶景を楽しみたいものです。

この大会は、変化に富んでいるとはいえ、前半はひたすら登り、後半はひたすら下ります。(お鉢は?ですが。)登りばかり、下りばかりで肉体・精神を鍛えたい方、自分をいじめたい方に向いているのかな。(笑)
また、絶景を楽しみたい方にもよいかと思います。

同行のYさん、Kさん、Kさん、とても楽しかったです。ありがとうございました。

【コメント】
スカイレースは、標高2000m級を走るレースで、体力的には厳しいレースですが、
天候さえよければ、景色は最高ですね。

Mさん、ありがとうございました。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jmcrun.blog84.fc2.com/tb.php/635-3af179b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。