上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【大会名】おんたけスカイレース
【開催日】2013年08月25日

T.Sさん

1.現在の走力
 トレイルラン歴2年です。年齢も40歳になろうとしてた時、「何かしなくては」と始めた山登り。そこで、山の中を爽快に走っている人を見かけた。すごく新鮮で「かっこいい」と思いこれはなんて言うスポーツなんだ、と早速調べたら「トレイルランニング」と初めてしった。今まで知らなかったのが残念でならないが、始めるのに遅すぎることはないと見よう見まねで始めてみる。まずは、私の住んでいるところから2時間くらいでいける高尾山で走ってみた。そして、ネットで調べて応募した現在の「かまくラン」のイベントに参加してみた。仲間もできて、こんなにトレラン人口が多いのかとびっくりした。
 そして、トレランの大会にエントリーしてみた。目標が出来ると練習も楽しくなってきた。初めての大会は、OSJ新城トレイル32㎞。アップダウンの激しいコースだったがなんとか完走、この時左足が肉離れになる。青梅高水山トレイル15㎞肉離れが完治してない状態ですが完走。西丹沢アドベンチャーラン42㎞、初めての40㎞越えでしたが完走。北丹沢12時間山岳耐久レース、このレースが一番苦しかった。10時間以上かけてなんとか完走。トレラン1年目は、大会に明け暮れた年だったが、この経験が自信につながりました。
 私の走力は、と聞かれると「中の下かな」と思う。トレラン大会の順位を見てみると、真ん中より下だな、といつも感じる。でも、苦しみながらも完走出来る力はあるんだと感じた。フルマラソン歴はまだありません。でも、5㎞のレースは何回か出場しており、初めての大会は23分台だったが、今の自己ベストは19分35秒と上がっている。トレランをやるごとに、ロードでも力つけているなと感じる。

2.当日までの準備
 トレラン2年目に入ったところで、仕事が変わりものすごく忙しくなった。練習も出来なくなった。でも、トレランはやめたくないと思い大会をエントリーした。エントリーすれば練習するだろうという発想ですね。トレランのだいご味はやはり走りながら最高の景色が見れる、ということで「おんたけスカイレース」に決めました。
 さあ練習ということで、平日は仕事が忙しくて練習出来ないので、週末に集中させた。一人で練習は怠けてしまうので、「かまくラン」のイベントを入れた。このイベントのいいところは、定期的に必ずやっており誰でも気軽に参加できること、みんなで楽しく走れること、スタッフの体制がしっかりしており安心、スタッフお勧めのゆるやかな鎌倉のコースが走れること、終了後は温泉や懇親会があること、ですね。
 準備期間としては、大会の2カ月前から始めた。特に、富士登山競争5合目コースのイベントと鎌倉トレラン40㎞のイベントはものすごく良いトレーニングになった。こういう大会にはこういうトレーニングを、とかトレーニングの知識がない私にとってはとにかく何でもいいからイベントに参加するという大雑把な性格の私なりの方法ですね。

3.当日の様子
 2013年8月25日、いよいよ当日をむかえました。場所は長野県木曽郡王滝村、標高3,067mの御嶽山。距離37㎞、スタート時間7:00。選手受付が前日の13:00~17:30なので、前日に「おおまた山荘」に泊まりました。料理がおいしく大会のためにおにぎりを握ってくれます。
 朝は、あいにくの雨でした。スタートしてはじめは、ゆるやかな登りのロード、そして山道に入る。最初の難関が、ゲレンデを登るところ。この大会はストックOKでしたが、持っていくか迷ってましたが持っていって正解でした。ゲレンデから頂上までほぼストックに頼りました。ストックを使用すると足への負担が本当に軽減されるのだなと初めてしりました。ゲレンデが終わるとその後は登山状態。ほとんどが岩場でした。雨が降っており滑るので足元には十分気を付けました。頂上付近は寒さと雨風の戦い、3000mなので空気も薄いかなという感じ、手はかじかんでしまい指が動かない状態。天候がひどいので、この大会の楽しみ山頂からのお鉢めぐりがあるのですが中止になる。山頂では、ヘッドライト(義務)のチェックがあり、ヘッドライトがなくて失格になった選手もいる。山小屋があったので入るとストーブが焚いてあったのでそこで手を温め復活する。そして、下山し始めるも、岩場なので足が滑らないように慎重に下る。途中雨が登山道に流れ込み川状態のところもあった。登山道が終わるとゲレンデをかけ下る。これが急でけっこうきつい。私は下りが得意なのでハイペースでかけ下りました。中には滑って顔から泥に突っ込んでいた女性選手もいました。そして、最後はロード、私はいつも後半走れなくなるのですが、最後のロードはノンストップでゆっくりですが走りきりました。そこが、レベルアップしたかなと感じます。
そして、7時間11分12秒、総合順位470位、40歳代順位153位でゴールしました。ゴールの時は、いつも感動するのですがこの時は感動しませんでした。練習からこの瞬間までやりきったな、いや、トレラン始めてからの最初の集大成って感じで、次の挑戦を見据えていましたね。

4.今後参加する方へのメッセージ
 この大会は、簡単に言えば、ロード、ゲレンデ、岩場の1Wayコースですね。絶対にストックは仕様した方がいいでしょう。標高3,000m級の山登りも経験しておいた方がいいでしょう。近年いろいろな大会が開催され人気の大会に集中しがちですが、このOSJシリーズの大会は、トレイルランナーにとっては鍛え上げてくれる大会ではないかと思います。しっかり準備をし、大会でいろいろ感じ、そしてまた鍛えなおす。成長させてくれる大会ではないかと思います。みなさんもぜひ参加してください。
 天空のトレイルを駆け巡るトレイルレースを。来年は晴れますように。


コメント
私どもが主催するイベントは、どちらかというと入門から初級向けのイベントが多いのですが、
時々、がっつり走るイベントを行います。
そういうときに参加していただいているのが、Tさんです。
トレイル経験も豊富なので、今後も完走記お願いしますね!!



その他のトレイル日記はこちら
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jmcrun.blog84.fc2.com/tb.php/623-a80dd73e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。