上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第26回「シューズの履き方」

正しいシューズの履き方をご存知ですか??

ウォーキングやランニングをはじめる際に、最低限必要なものは、
ランニング専用シューズを用意することです。

「いやー、はじめたばかりだし、スニーカーでいいよ!!」という方も
いらっしゃいますが、はじめたばかりだからこそ、
専用のシューズを用意する必要があります。

ランニング専用シューズと他のシューズの異なる点は、下記の3点です。

1.軽量に作られている
2.通気性がよい
3.クッション性がよい

はじめてランニングシューズを持ったときは、軽さに驚いたことを覚えています。
ランニングシューズの重さは、おおよそ200gから300gで、トップ選手のシューズは、
200g以下となっています。
軽ければ軽いほど、クッション性がなく、足への負担が大きいので、
走力とシューズの重さは比例しています。


ちなみ私が最初に買ったシューズの重さは、259g(実測値)でした。
※革靴は、400g前後くらいです。


各種メーカーから走力にあわせてあらゆるシューズが発売されていますので、
ぜひ、ご用意ください。


では、シューズの履き方です。

1.紐をほどく
紐を結んだまま、無理やり履いてそのまま走ってはいけません。

2.足を入れる
甲の部分にあたる「タン」と呼ばれる部分をもって足をいれます。

3.かかとにあわせる
足首の角度を90度にしてつま先をあげ、かかとを地面にトントンとたたき、
かかとをシューズにしっかりあわせます。

4.ひもを結ぶ
これが大事な部分です。
3でかかとをあわせた状態(つま先をあげて、かかとが地面についた状態)のまま、
紐を結びます。つま先を地面におろさないでください。

これで直立してみると、足がしっかり固定されていることがわかります。
ぜひ、お試しください。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jmcrun.blog84.fc2.com/tb.php/568-7e4aa70b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。