上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第4回「充実時程錯覚とランニング」

見る景色によって時間の感じ方が違う経験をしたことはありませんか??

例えば、車などで高速道路を走っていたとします。
遠くの景色をみているときは、景色がゆっくり流れます。
反対に、ガードレースなど近くをみていると景色がはやく流れます。
このときの時間の感じ方はどうなっているでしょうか。
余談ですが、私は車酔いをするので、あまり近くばかりみていると酔ってしまいます。


充実時程錯覚というのは、
目からはいってくる情報量が多いと、実際の時間より長く感じて
目からはいってくる情報量が少ないと、実際の時間より短く感じることをいいます。

では、これをフルマラソンで考えてみましょう。
フルマラソンは、本当に長く感じるときがありますよね。
まだ、10キロかあ。やっと半分かあ。
あっという間に終わったらいいですよね。
フルマラソンで実際は4時間だったとして、2時間程度の感覚で走れたらいいですね。

そこで、
この充実時程錯覚を利用して、ちょっとだけでも時間を短く感じるようにしてみましょう。
具体的には、近くの景色より遠くの景色をみて走るといいでしょう。

もしくは、もっと短く感じたいという方には、
できるだけ、目からはいってくる情報量が少ないほどいいわけですから、
前のランナーだけをずっとみているというのはいかがでしょうか。

ただし、
男性のみなさん、
よーし!!、西堂路に聞いた、充実時程錯覚を利用するぞ!!って、
前方に女性が走っていたからって、じっとみていて変な勘違いされても私は知りませんからね!!!
気を付けてください。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jmcrun.blog84.fc2.com/tb.php/530-425b5f01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。