上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャリティーランナーとして東京マラソン2013に参加させて頂きました。


8月のランこよ会での抽選。
26日の北海道マラソンを直前に控えた24日、有川氏からのおめでとうメールで当選を知りました。
直前の7月に10年以上住んでいた東京から、実家のある静岡に引っ越し、鎌倉トレランに参加する事も地理的に厳しく、単に暑いって事もありましたが、ランなんてどうでもいっかな~と思い始めたところでの、思いもよらない当選に、テンションMAX!!!
2日後の北海道マラソンはDNSすら考えていましたが、ちょうど半年後の東京マラソンに向けて、練習していない中でどの程度走れるのかを試すのにちょうど良い機会だと、ほんとに都合の良い考えでスタート!初マラソンで記録したPBには遠く及ばなかったものの、4時間切りの3時間54分で完走。
北海道とはいえ、8月のフルマラソンでサブ4を達成できたことにだいぶ満足。
この流れで半年後の2月の東京マラソンでPB更新!!!という思いは当然に抱き…特にランこよ会を代表して走るという事からも恥ずかしくない走りをしたいと思ったのですが…一方で、そうそう走る事のできない東京マラソンをめいっぱいに楽しみたいという気持ちと、2011年12月のNAHAマラソンを仮装して走った時の沿道からの多くの声援を忘れられず(笑)、何よりも9月以降もなかなかランする時間を確保できずに体重管理もうまくいかずに(仕事が忙しいって言い訳で…)、ファンランして思いっきり楽しむと決めた!

1月に大会案内を受け取り、概要を確認。
チャリティランナーには、専用のチャリティーシャツが配布されるとのこと、チャリティーシャツは「I‘m running for…」の文字がプリントされていて自分の想いを記入して、着用してみんなで走りましょう!!とのプログラムあり。


この時に自分は何のために走るって、改めて考えたわけですが、
まぁ走り始めた元々のきっかけと言えば、自分の中では毎年春の恒例イベントとなっている夏に向けてのダイエットプログラムの一環であって…たまたま参加した鎌倉トレランでさらに走る事の楽しみを覚え。。。
やっぱり楽しく走りたい、仮装で楽しく走りたい、と自分に言い聞かせて?自分の想いに素直になることにしました。

チャリティ枠だからなのかどうなのかは分かりませんが、ゼッケン引換証に、スタートブロックの記載がなく、ゼッケンNoのみの記載。タイムを狙う大会であれば当然、スタート地点により近いAが良いと思うわけですが、今回はファンランしたい思いから出来れば後方スタート希望!!!と自分勝手な思いを抱きつつ、前日23日の選手受付会場へ。

東京に来ること自体が半年振り以上で、その時点でテンションアップ。
受付会場は、参加された皆さんはご存じのとおり、チャリティーランナーは受付入口が一般ランナーとは別に存在。
うぉ~!!!この先どんな待遇が待っているんだろうって期待したところ、特別扱いされたのは入口だけ・・・正直、ちょっと期待外れ・・・(何を期待していたんだって話ですが(^_^;))

それより何よりショックだったことは…スタート地点がAブロックだという事が判明。
陸連登録していた事が仇となったのか、申込み時点の申告タイムが虚偽だったのか真相は迷宮入りですが、とにもかくにも、Aブロックの他の方々への迷惑をかけないようにすることは当然のこととして、後ろに続くBブロック以下の方々にもいかに迷惑をかけないようにするか、という事が直近の悩みの種というよく分からない状況に。。。

で、当日の朝。
7時半前にスタート会場の東京都庁に到着。
荷物預けは、チャリティーランナー用のトラックが用意されているものの、着替え場所やらトイレやらに関しては当然のことながら?!他のランナーとの区別なし。
この辺の取り扱いこそ分けた方が良いのでは?とチャリティー枠参加だからこそ?!感じてしまった傲慢な思い。

いざ、スタート地点に8時過ぎに到着。
Aブロックでもたくさんの仮装ランナーの方々が降臨!!!
ここぞとばかりに一緒に写真を撮らせてもらいました。
自分も仮装して楽しむ、周りの仮装ランナーを見て楽しむ、そして沿道の方々に笑顔で応える。
それが自分の今回のテーマです。

邪魔にならないようとAブロックの最後方に位置するも、スタートが近付くにつれて、Bブロックの方々が前方につめてきて…結局迷惑かけそうと、ちょっと反省。

9時10分、待ちに待った東京マラソン2013のスタート。

スタート直後は当然の事ながら、ランナー大集団。
自分はスローペースで走っているので、どんどん抜かれていきます。なるべく迷惑かからないように隅の方をひらすら遠慮がちにラン。
沿道から声援をくれる方々との序盤からのハイタッチができることもこのポジションで走ることの楽しみの一つでした。

走り始めても本当にいろんな仮装ランナーがいるな~と周りを見ながら1人ウキウキ。
素敵な方がいれば、チャンスがあれば、走りながら写真を撮らせてもらうという何とも言えない楽しみ方。

そして、チャリティーシャツを着ているランナーにはついつい「頑張りましょう!!」や「楽しみましょう!!」と声をかけて…多くの方が、それに応えてくれる事がやはり嬉しかったです。

ファンランさせてもらった為に、35キロの壁も感じるも、ドラマチックな展開もなく(ごめんなさい・・・)、最後まで沿道から声援をくれる方々とハイタッチ&記念撮影ができ、特に、30キロ過ぎに鎌倉トレランで知り合えた、秋山さんも発見!!!
一度、素通りしかけましたが、もしやと思って、近づいていって本当に良かった。。。
これもファンランのおかげです。(笑)

それでも最後は、微妙に欲が出て、4時間30分は切りたいと思ってしまって、ラストスパート!!!
ラスト195Mの門のところで記念撮影を躊躇した自分にちょっとだけ後悔ですが、グロスで4時間29分30秒程度でフィニッシュ。


ゴール後のチャリティーランナーの取り扱いはどうなるんだろ???とちょっとした期待。
で、用意されていたのは、チャリティランナー専用の着替えコーナー!!!!
これまたちょっと拍子抜けで、もう少し至れり尽くせりな環境が用意されていても良いかな~って正直、思ってしまいました(^_^;)

制限時間をめいっぱい使って楽しむという点からすると、少しだけもったいない事をしたかな~とやっぱり少しだけ反省。
それでも、度胆を抜かれた仮装ランナーにも出会え、本当にファンランで本当に楽しく走れたことに大満足でした。

今年も変わらず、楽しみながら走り続けていきたいと思います。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jmcrun.blog84.fc2.com/tb.php/477-f400217a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。