上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京マラソン2013 チャリティランナー完走記
報告が遅れてしまいましたが、昨年8月から始まった東京マラソン2013の完走記としてお伝えします。

気軽に応募した東京マラソンチャリティーランナーでしたが、まさかの当選連絡が届きビックリしたのが8月末。そして、この後の6か月間、楽しく多事多難な日々を過ごすことになりました。

当初、私の参加目的は「ファンラン」でした。それは、東京マラソン=お祭り=楽しむ、という流れでファンランが一番いいかなぁ~と思っていました。とは言え、練習はきちんとしようと思い、9月/10月はそれなり練習をしていたのですが・・・11月/12月が多忙/体調不良が重なり思うような練習が出来ない日々が続きました。この時期、モチベーションが落ちたのですが、年末に当初の目標であった「ファンラン」から「Sub4」狙いに変えて心機一転、楽しみながら頑張ることを決めました。

目標が変わったので、年始からの練習方法も変えました。
メインは週末の距離走と帰宅ランに加え、“ランこよ”のイベントを活用して、自分に足りないところを補っていく練習方法に変えました。
まずは、年始の箱根駅伝観戦付き30キロLSDへの参加。久しぶりのイベント参加、そして初30キロLSDへの参加でした。運悪く強風!!ただ、この時、強風を体験出来たことで、今年何度となく遭遇した強風に対して抵抗力を養えました(笑
その後、何回かLSDイベントに参加、そしてスピード不足を補うために神宮ヤッソにも参加しました。ここで、早い方の走りを参考に、いかに早く走るかを色々と試しました。
そして、1月、ゼッケン引換証などの封書が届きました。ここでモチベーションアップ!大会案内なんてほとんど読まないのですが、何度となく読み返しました。

ゼッケン交換とTシャツ受け取り@EXPO会場
ゼッケン交換の期間は木曜日~土曜日、私は金曜日にゼッケン受け取りに行きました。参加された方はご存じかと思いますが、チャリティランナーは一般受付と別窓口が設置されていました。そうです、受付の時点からちょっとしたVIP気分なのです!でも、ゼッケン交換に行ったのが金曜日だったため全体的に空いていて、敢えて窓口を分ける必要もない程度でしたが、受付の方々に親切に対応していただきました。たぶん、土曜日にゼッケン交換へ来られた方にとっては、この特別な対応をフルに生かせるのかなと思いました。
(知り合いから聞いた話ですが、土曜日は相当な混み具合だったようです)
ゼッケンを受け取ってすぐ、チャリティランナー用Tシャツを貰いました。これは、参加記念のTシャツとは別にチャリティランナー用Tシャツで、裏に「I’m running for…」の文字とともに記入スペースがあります。このメッセージが意外と決まらず、直前まで苦労しました(笑

当日の準備、そしてゴール。
当日の朝、例のTシャツにマジックでいくつメッセージを記入しました。これはチャリティランナーだけの悩みかもしれません。(悩んだのは私だけでしょうか???)
変なこと書けないし、といって上手いことも書けないし、結局ベタなメッセージを朝早く起きて書きました。
(チャンスがあれば、寄せ書きみたいにしてもよかったなぁ~と今思いました)
東京マラソンのスタート地点は、自宅に近いため少しゆっくりとスタート地点に移動しました。
スタート地点は人で溢れていました!さすが東京マラソンって感じで、待ち時間もやっぱり寒かった!!
目標はSub4、前半は抑え気味に、後半は徐々にペースを上げるイメージで挑みました。調子がいい時は、前半より後半のラップが良いので、ハーフぐらいまでは抑えていくプランを立て、それを実行しました。ほぼ、プラン通り前半抑えた分、後半は止まる感じもなく、楽しくSub4達成で完走出来ました。

ゴール後@チャリティラウンジ。
ゴール後、ボランティアの方々に祝福され、かつ、自分でも清々しい気分で更衣スペースへ移動しました。ここで、チャリティランナーの専用ラウンジ登場!前日受け取った資料で「チャリティランナー専用ラウンジ」という存在を知ってから気になっていた場所!
一般更衣スペースの奥にそのラウンジは存在しました。結構広いスペースに男女の更衣室、ストレッチスペース、テーブル&椅子の休憩スペース、そして、水・コーヒー・お茶の無料提供という設備が設置されていました。しかも、温かいお手ふきまでもらえたので、これは気持ちよかったです。ストレッチスペースで柔軟をした後、帰りが込みそうなので長居せず帰宅しました。案の定、会場を出るまで相当歩きました(汗

そのほか@更衣スペース。
見たわけではないのですが、その他の催しにもチャリティランナー専用というのがあったらしいです。ただ、私がラウンジでゆっくりしている間に、続々とランナーがゴールしていたため、ラウンジから出たときには人が沢山いて、催しモノには寄り道しませんでした。来年チャリティランナーとして参加される方は、是非、そのあたりも楽しまれるとよいかもしれません。

東京マラソンに参加するのは2回目(前回は2008年)なのですが、前回よりも沿道の方々の声援がとても励みなり、最後まで楽しく走ることが出来ました。

今回、この機会を与えてくださった皆様に感謝するとともに、来年以降参加される方の健闘を祈ります。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jmcrun.blog84.fc2.com/tb.php/476-c2dd0406
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。