上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日の鎌倉トレイルツアー(5mountainsコース)は、予定どおり開催いたします。

今回のコースは、新コースをご案内いたしますので、お楽しみに!!

では、お待ちしています。
スポンサーサイト
29日のチャレンジラン(富士登山試走)は、予定どおり開催いたします。

雨もなんとかもちそうですが、5合目付近の気温が10℃前後と寒いので、
1枚上着を持参するようにお願いいたします。

では、気合入れていきましょう!!
お待ちしています。
第11回「習慣化」

ランニングをはじめて3日坊主で終わらないようにするにはどうしたらよいのでしょうか。

せっかくランニングを始めても、3日坊主で終わってはもったいないです。

よくある失敗例は、
いきなりはやいベースで走って、ゼイゼイ、ハーハー!!10分くらいでキブアップ!!
やっぱり自分にはむいていない!!
次の日、筋肉痛になり、雨も降っているし、仕事も忙しい
走らない理由が連発で、走るの断念!!

ひまな人はいませんからね。走らない理由なんてたくさんでてきます。

ランニングをはじめようと思ったときは、はじめるタイミングがとても大切です。

1.真冬の寒い時期や真夏の暑い時期は避ける。
2.週間天気予報をみて天気がよい1週間を選ぶ
3.仕事が落ち着いている時期にはじめる

そして、最初の1週間は毎日30分ウォーキングをしましょう。
これは雨が降ろうが寒かろうが暑かろうが仕事が忙しかろうが、
とにかく着替えて毎日ウォーキングをします。
※不測の事態などはこれに限りません。

できれば朝がよいでしょう。
夜は、いろいろと予定が入りやすいので、時間の確保がしやすい朝がお勧めです。
いつもより30分早く起きて、近所を歩きましょう。
そうすると、朝食もおいしいし、午前中の仕事もはかどります。

「仕事が忙しくいつも夜遅いので、朝起きれない!!」

時間は自分で作るものです。
1日30分程度も時間が確保できない方がいたとしたら、
自分の生活スタイルを見直してみてはいかがですか!!
運動を続けると、脳が活性化され、仕事の効率もあがりますよ!!

仕事で時間がない→飲んでいる時間を運動にあてる
→脳が活性化される→仕事の効率が向上する→時間ができる→運動する!!

このサイクルですよ!!
第10回「走る理由、走らない理由」

新しく何かをはじめようとするとき、
続けられる人とそうでない人がいるのはなぜなのでしょうか。
運動にしても勉強にしても何でもそうですが、継続するということは、
難しいときがあります。

それは、当然といえば当然です。
1日24時間は、変わらないわけですから、
効率化するか省くかして時間を捻出しなくてはいけません。

例を紹介しましょう!!

Aさんの場合)
会社員であるAさんは、
あるとき、会社の健康診断でメタボと診断されました。
保健師さんから食生活の改善や適度な運動をするように指導を受けました。

Aさんは、仕事帰りに同僚と飲みながら下記のようなことを話していました。
「メタボだってよ!!でも仕事が忙しいし、それどころじゃないよな!!」

Bさんの場合)
会社員であるBさんは、
あるとき、会社の健康診断でメタボと診断されました。
保健師さんから食生活の改善や適度な運動をするように指導を受けました。

Bさんは、仕事帰りにスポーツ店に行って、ウォーキングシューズを購入して、
夜30分程度、家の周辺を歩いてみました。
そして、いつものように野球をみながらビールを飲みました。

AさんとBさんは、お酒を飲むのは共通しているのですが、
Bさんは、ウォーキングをしてから飲んでいます。

同じメタボ診断を受けたAさんとBさんですが、行動に違いがありました。
それはなぜでしょうか。

それは、考え方の違いです。
Bさんの場合は、最初に行動する(やらなくてはいけない)理由が頭に浮かび、
Aさんの場合は、最初に行動しない(やれない、やらない)理由が頭に浮かんだんです。

これは、とても大切なことです。

ランニングをはじめると、いろいろと頭の中で「走らない理由」が浮かんでくる時があります。
1.仕事が忙しいから
2.彼女(彼氏)とデートだから
3.友達と飲みにいくから
4.面白いテレビがあるから
5.雨が降っているから
6.買い物にいかないといけない
7.子供の面倒をみないといけない
8.寝不足だから
9.寒いから
10.暑いから

走らない理由なんて、きりがないです。
私もランニングをはじめたころは、上記のように思ったことがあります。誰もが感じることなので、
それほど気にすることはありません。

反対に走る理由もあります。
1.自己ベスト更新する
2.フルマラソンを完走する
3.走った後のおいしいビールが飲みたい
4.体重を気にせず、なんでもモリモリ食べたい!!

走る理由なんて、少ないものです。
ただ、この数少ない「走る理由」のために走っているんです。不思議なものです。

飲む時間を1時間減らして、歩いてから飲む!!
運動後のビールは美味しいですよ!!

ただし、運動後のビールは、脱水症状等、危険な場合もありますので、ご注意!!
「今までマラソンにまったく興味がなかった私が、
湘南国際マラソンに参加することになりました。
先ほど申し込みをしました。
正直言って、自分でもびっくりです。
理由はいろいろありますが・・。
ひとつ目の理由は、
「自分を振り返ってみたくなった」
ということです。
そのあたりのことは、少しずつ書いていきたいと思います。
スポーツクラブに数年通っていますが、
走るのは、せいぜい5~6キロを30分くらいです。
フルマラソンはこれの8倍ですからねぇ。
あまり深く考えないようにします。
さて、とりあえず早朝歩いてみたいと思います。
第1回湘南国際マラソンまで、あと207日!!」


上記は、ランニングをはじめた、というより、
ウォーキングをはじめた、2006年8月23日の日記のコピーです。
8月ということで、暑いので早朝ウォーキングからはじめたことを覚えています。
そのとき、服装はどうしようかなぁ。シューズはどうしようかなあ。
なんて、考えていたのがとても懐かしいです。

これから走ることにチャレンジしてみようかと思っている方は、
まずはウォーキングからはじめてみてはいかがですか。

最初は、
ウォーキング5分+ジョグ5分を2セットくらいで十分です。
ジョグというのは、会話ができるペースでちょこちょこ走りです。
当時、私は歩いている人に抜かれるペースで走っていました(笑)
走っているのに、歩いている人より遅いんですよ!!
これがいいんです。
では、レッツチャレンジ!!
第8回「レース中、考えていること」

フルマラソンのレース中って何を考えながら走っていますか??

私は、ランニングをはじめる前、
フルマラソンの選手ってどんな気持ちで走っているのかと疑問でした。
42.195キロもただ黙々と走るスポーツであるフルマラソン。
正直、何が楽しんだろうって思っていました。

それが、自分も走るようになるといろいろなことを考えています。
タイムをねらっているレースのときは、時計と距離表示でペースの確認や
体調の変化を気にしています。

ゴール近くになると、苦しみから解放されたいため、早くビールが飲むぞ!!とか
おいしいもの食べるぞ!!なんて考えています。

日頃の練習では、ジョグ(ゆっくりしたペース)のときは、仕事のことなど考えて走っています。
いわゆるランナーズハイ状態です。
ランナーズハイとは、ベータエンドルフィンが分泌されて、気持ちよくなる状態です。
アイデアがいろいろとひらめいたり、ストレス発散されたり、とても気分がいい状態です。


ランニングをしていない人にとっては、走って気分がよくなるなんて
考えられないと思いますが、この状態になると、
どこまでも走っていける気分になるんですよ。
これが最高に気持ちがいいんです。


ちなみに、フルマラソンのとき、25~30キロ地点くらいでこのランナーズハイ状態になれれば、
最高のレース展開で、5キロ~10キロでこの状態になったら早すぎです。
最高な気分を30k付近で!!
なかなか難しいですけどね。


本日は、鎌倉トレイルは、入門コースでした。
参加者13名
電車遅延のため、いつもより30分ほど遅れてのスタート。
小雨も降る中でしたが、すぐに雨は止み、貸切トレイル日和でした。

入門コースということで、参加者のみなさんは、トレイルはじめての方が多いので、
ゆっくり安全にご案内!!

約10キロを3時間程度かけて、無事ゴール!!

写真は、大平山です。

また、みなさんいらしてくださいね。お待ちしています。


25日の鎌倉トレイルツアー(入門コース)は、予定どおり開催いたします。
天気予報も大幅にかわり、今週は雨が降らないようです。

平日トレイルは、貸切トレイル!!

では、みなさんお待ちしています!!
第7回「心拍数とランニング」

スポーツ心臓という言葉を聞いたことがありますか?

運動をしていると、心臓の筋肉が鍛えられて、ポンプ機能が強化されます。
そのため、1回の心拍あたりの血液循環量が多くなるので、
回数が少なくてすむわけです。

安静時の
一般的な成人の場合、60~70回/1分(※あくまでも目安です)
スポーツ心臓の方は、40~50回/1分くらいといわれています。

参考までに
ゾウは、40回/1分で寿命が70年
ネズミは、600回/1分で寿命が4年
です。

一説によると人の心臓の寿命は、約20~23億回といわれています。
ということは、心拍数が少ないほうが長生きするということになります。

※ただし、生活環境など外部要因がありますので、一概には言えません。



では、心拍数から計算した寿命は、
60回/1分の人は、約63~73年
50回/1分の人は、約76年~87年
となり、だいたい平均寿命程度になりますね。

ただし、スポーツ心臓の人は、日々トレーニングを重ねているので、
ポンプである心臓を酷使した結果ですからね。

参考までに、
徐脈とは、不整脈の一種で、30~40回/1分の場合を言い、
頻脈とは、心拍数が増加している状態で、100以上/1分を言います。

ランニングをされている方の中には、正常時でも50前後の方がいますので、健康診断で指摘されることがあります。
あの高橋尚子選手は、現役時、寝起きの心拍数は、35回/1分だそうです。
省エネですね。

ちなみに、私の場合、寝起きですと45回前後で、安静時は、50~52回くらいです。
健康診断のときには、不整脈と診断されたり、問診ではお医者さんに「んん~」なんて顔をされ、
ランニングをしていることを話すと納得してくださいます。
本日の鎌倉トレイルツアー(六国峠コース)は、予定通り開催いたします。

金曜日の雨で昨日のトレイルは、ちょっとぬかるんでいました。
今日も多少残っていると思いますが、これもトレイル。
泥んこになって楽しみましょう!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。