上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【大会名】ふれあいの道(高尾~
【開催日】2013年12月07日(土)

Mさん

>プロフィール
昨年の夏に「かまくRUN」でトレイルを始めて1年少々、今年2月の三浦半島縦走でレースデビュー。前回三浦半島縦走は44kを7時間。前回から約10ヶ月、自分の進化を試したく参加。

>準備
(試走)
本レースは記念すべき第1回目のレースの為、情報がなくコース詳細も不明な為、大会のチラシを参考にコース想定。前半(陵南公園~陣馬山)、後半(明王峠~数馬の湯)に分け、6回試走。
<前半コース>標高は陣馬山854mが最高、大垂水峠まで7ヶ所位階段があり、大垂水峠から城山までの急登も結構足にくるコース。大垂水の関門クリアが課題。
<後半コース>陣馬山裏の和田峠から笹ケタワノ峰1,121kが最高地点、三国山を越えれば大きな高低差はなく前半より楽なコース。
総合的には、前半頑張れば、城山から陣馬山までの比較的高低差が少ない区間で体力を回復、後半につなげるイメージ。
(当日の準備)
このレースは42kの距離の割には参加費6,000円と安く、エイドやコース案内等が他のレースに比べて手薄なので水分や行動食の準備が重要。また12月で日没が早い為、ヘッドライトの携行も必須。自分は余り発汗しないので、今回ハイドレ1ℓ、予備にペット500ml、その他準備として、寒さ対策のウィンブレやケガをした時の為のテーピングやロキソニンも携行。あとは、ランニング手袋の上に、トレイル用のグローブをはめて走行。

>レース内容
○スタートはウェーブスタートではなく、順次陵南公園から金毘羅神社下に移動し準備が出来た順の為、パラパラスタート。心配していたスタート直後の渋滞はなし。
○最初の目標はCP1大垂水峠(14k)までを2時間内で走ること。大垂水までは小さなアップダウンの繰り返しと階段攻撃だったが、大会特有のアドレナリンが出ていたせいか、順調に進む。それから試走の時はいつも走っていた”まき道”が、今大会は一般ハイカーに迷惑をかけないよう、”まき道禁止令”が主催者側から出されていたものの、これも特に大きな負荷は感じず、2時間かからずクリア。
○ここまで予定通り、大垂水から城山までの急登は後半の体力温存のため、無理せず歩き城山に到着。普段の練習や試走の時は、城山の茶屋で休憩し給水、補食をするが、今日は大会なのでここはスルー、陣馬を目指す。しかし、この時点で脹脛が疲労状態に。前半のアップダウンと階段、城山までの急登で、あまり脹脛を意識していなかった為、脹脛を酷使してしまった結果…。だがここから陣馬までは大きなアップダウンはないので、脹脛も回復するだろうと期待しつつ、城山を後に。
○しかし、普段は余り意識していない上り道でも、脹脛が疲労してしまうとダメージは残るもので、小仏峠から景信山までの上り、いつも使っているまき道が使えない為のダメージと、ダメージは抜けるどころかドンドン蓄積。
○そんな状態と、空腹で腹が鳴り始めたので、リカバリの為に途中の明王峠で休憩し、補食しようと心に決め、何とか峠まで到着。ここで補食とマッサージを行い出発、目指すはCP3和田峠。
○ここから意識したことは、腕と骨盤を動かし、イメージは踵で着地し、つま先の負担を軽減すること。スピードも出し過ぎず、ダメージ軽減と体力温存。三国山を越えれば何とかなる、と考え抜かされてもぺーすを乱さず淡々と距離を稼ぐ。
○そして次の目標の和田峠到着、ここでようやく中間地点の25k。中間地点だが、最後のエイドなので給水とオレンジ・バナナを補食し後半に突入。三国山まで頑張ればゴールは出来る、前半より後半の方が楽なのだから!と奮起し出発。
○和田峠からは、高岩山・醍醐丸・大ソウリ山・連行峰・芽丸・生藤山を経て三国山に至るルート。ここは前半とは違い岩場も多く、短い急登が何度もあるのものの、試走では前半に比べ疲れなかったコース。しかし、よくよく考えてみると本番は試走と違うシチュエーションで、前半から通しで走っているためこの縦走がダメージ・回復、ダメージ・回復の連続で、臀部がパンパンに。
○それでも脹脛は極力消耗しないよう心掛け、骨盤で足を上げ上り足を前に出し続ける。止まってはならない。
○なんとか急登を抜け、三国山を過ぎ、CP4浅間峠へ。ここが33k制限時刻14時。30分前に通過。「よし!あと10k、ラスト2kはひたすら下りだからキロ5で十分いける!」と言い聞かせる。
○この先は急な岩場も階段もなく、上りはガマンをして踏んでいれば越えられるレベル。そして、何よりもこの先は走れる区間が多くなる。足は疲労していたが、歩き→早歩き→ランに腕を振ってギアをあげ前へ前へ。
○ラスト10kとなると、フル同様で気分が前向きになり、体が動き出すもの。それと後ろにランナーが2名ついてきていたので、若干煽られ気味だったのも心理的には好材料に。
○そしていよいよ自分の中で想定ゴールだった数馬峠に到着。ラスト10kは以外とあっけなかった。ここからは、ご褒美のゴールまでの約2kをジェットコースターになって下るのみ。枯葉で道が全く見えなくなったフカフカの道を足元注意しつつガンガンダッシュ!そして視界に民家の屋根が、そう、一般道=ゴール!
○最後の下りカーブを曲がり、人家とアスファルトが目に飛び込んでくる!あーっ、キターーー!!アスファルトにドーン!出たー!!
○あとは一般道を300m程上れば、ゴールの数馬の湯。あー、風呂入りたい~!
○朝7時半過ぎにスタート、3時20分頃無事に、奥多摩にゴール^^

>感想
この大会主催のNPO法人が企画するレースは三浦と今回で2回目です。確かにエイドが少なかったり他の大会に比べるとサポートは不十分かも知れませんが、本来トレイルはそういうものなのかも知れません。また、フルもそうですが試走が出来る環境の場合は、試走をして、コースや高低差、距離感等がわかるのでプランも立て易くなると思います(脹脛は失敗しましたが)。40k超のコースなので少々しんどいですが、東京近郊で陣馬以降はハイカーも少なく普段から楽しめるコースなので試走をして参加されることをおススメします。ゴールの数馬の湯の舞茸料理はおススメです。

>記録
以下、GARMINの情報です。途中、約3.2k、30分程スイッチが入っていなかった為、タイム・距離は修正後の数値です。
走行距離38.93k/走行時間7:40:12/高度上昇値3,044m/高度下降値2,552m

【コメント】
一般に大会が評価されるポイントは、エイドですが、Mさんがおっしゃるとおり、
本来は、自分で装備して走るのがトレイル。
大会スタッフに方には、感謝感謝ですよね。

Mさん、ありがとうございました。


ふれあいの道2013
スポンサーサイト
【大会名】みたけ山トレイルラン
【開催日】2013年12月08日(日)

Hさん

1.現在の走力

フル4:57
タイムを意識して走るようになったのは今年からです。それまではジョギングを気が向いたらやる程度でした。

2.当日までの準備

レース3ヶ月前ー2ヶ月前
月120キロ
レース前月
200キロ*ほとんどロードでLSDの練習*
2週間前に下見でコースを試走した時に、制限時間+1時間もかかってしまい、焦りました。それから、インターネットで過去出場者の記録を参考に、装備をウェスポーチに水だけに変更し、翌週も試走に行きました。
今年から当日受付をやめ、前の週にゼッケンとICタグが届けられるように変更になっていました。

3.当日の様子

朝が弱い為、近くの民宿に前泊しました。同じ宿にランナー夫婦が宿泊していました。なんと奥様?のほうは上位入賞していました!しかも前日9時に寝るって宣言してその通りにしていたようです。
朝食後、8:15のケーブルで会場入りしました。
この時点でほとんどの出場者が揃っているようでした。
最低気温1度でしたが、今年は昨年より暖かかったようです。ダウンで走り出す人が1割、ライトシェルの薄い上着の人が大半でした。中にはゴアテックスの人もいました。汗っかきな為、私はファイントラックノースリーブと半袖短パンにタイツとアームカバーにしました。
スタートはゼッケンナンバー順に並ぶと案内にはあったのですが、そんな様子は見られませんでした。そもそも私がスタート直前に最後尾らへんにいたため、気付いてないのかもしれません。スタートからいきなり激坂でコースが狭い為、全く進みません。それでもしばらく歩いていると密度が薄くなります。
結局最初のケーブル下駅までの坂と綾広の滝から大岳山までの登りぐらいしか追抜きが出来ないので、もう少し走れたらよかったと後悔しました。
上位狙いの方は開始10分前にはスタートラインに並び、渋滞を避けるといいと思います。
初のトレランレースでしたが、意外と初参加の人が多く、歩く人が多くて驚きました。もっと本番なんだから自分に厳しく貪欲に走れば良かったです。
結果は2:08でした。次は2時間切りたいです。

4.今後参加する方へのメッセージ

レース時に迷うような箇所は係員が居る為、スムーズに走れました。レース後、宿坊でのお風呂に無料で入れました。また表彰式で、ジャンケン大会をして、ノースフェイスのTシャツやパタゴニアのダウンなど豪華な景品がもらえるシステムがあり、参加するだけでも楽しかったです。

【コメント】
レース後のお風呂、じゃんけん大会など、レース以外にも楽しい企画があるようですね。
気温1度で、他のランナーがどのような格好でスタートするのか参考になりますね。

Hさんありがとうございました。


みたけ山

【大会名】白馬国際トレイルラン
【開催日】2013年9月15日(日)

Kさん

5月の道志村、7月の北丹沢12時間、9月の上野原の西関東3大過酷トレイルを無事完走し、さてどうしようかな?と悩んでいたところに友人からお誘いが!!
白馬はちょっと遠いけど「旅トレラン」の気持ちでエントリーぽち。
早速情報収集&コースチェック。比較的、50Kのコースは累計標高差が少ないため、スピードレースの様相。そして、なんといっても敵は暑さらしい。(日陰が少ない)
それなりに準備しようと、7月から山のぼりトレーニングするものの、今年の夏は暑くて完全に走り込み不足のまま、前日へ。
地域の理解が必要なトレイルレース大会は地元住民の方々がとにかく温かい。その中でも白馬国際トレイルは予想以上の大歓迎。友人のおすすめの宿泊先ホテルの夕食も超豪華。
早速旅ランの愉しみのひとつグルメを満喫。さらにお風呂は天然の温泉つき。やはり旅ランはいいね。
そして当日。スタートラインにサプライズ!!!!世界の鏑木さんがいる!!!伊豆トレイルジャーニー以来の再会に興奮。どうやら調整レースの模様。(50Kトレイルが調整レースということ自体、凄すぎ。)さらに六花先生も。意外にメジャーなレース!?
ということでここまでで、すでに満足気味でありながらいざスタート!!
個人的なペース配分は以下。
カンタンに計算すると山が3つなので山:2時間×3、山をつなぐ平地:0.5時間×3
の合計で7.5時間で、バッファが0.5時間で目標7時間設定。
まず最初の山は「八方」。
放し飼いの牛のお出迎えの中、長野五輪の感動のシーンを思い出しながら山登り。
流石に前出の3大レースのような斜面ではなく、上りやすい。しかし後半に足を残さなくては、楽しい旅ランも水の泡と思い、抑えて抑えて。
早歩き&息が上がらない程度のJOGで、まずは一つ目の山をクリア。
なんと山頂ではレッドブルがサービス!!普段はほとんど飲まないジャンク?系エナジードリンクがこの日ばかりは美味に感じる!!
下りはゲレンデだけにとにかく気持ちいい。気持ちは焦らず、足を残して、残して。
そこから平地に入り川沿いを気持ちよく走り、いざ二つ目の山「岩岳」へ。
事前リサーチでは、これはそこそこキツイらしい。
ここも無理せず、足を労わりながらゆっくり上る。(実際には走れないほどの斜面あり)
個人的に苦手な林道のぼり、嫌~な階段も前出3大過酷トレイルを思い出し何とかクリア。とにかく無理せず足を残して、残して、、、と自分に言い聞かせ、ところどころで休憩&ジェル補給。
さて岩岳の下りですが、ここも気持ちいいトレイル。本来なら暑さとの戦いが、今年は曇り&雨模様で風も心地よく、軽いアップダウンがありながらも、ついついスピードアップ。
ここまでで中間点(約25km)を3時間ちょっとで順調にクリア。
これはゴールまで楽しく行けるか??と思いきや、大出エイド直前で突然、フルマラソンでいうところのいわゆる「30kmの壁」あたりの苦しさが到来。肉体的な疲労というよりも、いわゆるメンタルな部分で、「残り20kmも走るのか。。。。。」「あと山がひとつ残っているが大丈夫かな。。。。」という一番やってはいけない弱虫指向パターンに突入。
ここで気分を転換すべく、半年前の「伊豆トレイルジャーニー75km」の10時間の長旅を回想。
うん、75kmに比べたら、全然楽しめるぞ、と奮起。がんばろう。
そして「東山」麓に到着。流石に最後の山は壮大。ここでの直登りはヤバそう。見るだけでわかる。
といいつつ、この山のために残した足を使い切るべく、ラストスパート!!
ここで20人ぐらいは抜いたかな?基本的にトレイルは競走ではなく、自分との闘い=楽しんで走ろう!!なのだが、やはり抜かれるよりは抜く方が気持ちいい。さあ元気になってきた。
足の貯金も減りながらも、なんとかゲレンデ頂上へ。そのあとの3回ののぼりはラストまでのカウントダウンか!?やっと東山の下り。ここが個人的に白馬での最高のトレイルポイント。45分ぐらいで下った後は、平地へ。ここは気合いしかないでしょ。我慢して我慢して、遂に白馬村へ突入。
前回レポート写真などで見た素晴らしいお出迎えが!!やっぱりトレイルレースのこの瞬間が一番好きだな。地元のみんなの応援が本当に感動する。
結局タイムは6時間53分。目標の7時間キリも成功。前夜からのゴール後の地元一体のおもてなし(食事、温泉、応援)に感謝、まさに旅ランの魅力を満喫!
実は白馬国際トレイルは、50km以外にも30km、20km、7kmと様々なレベルを設定。
ロングトレイルをはじめとする過酷レースが人気の中、ある程度の自分にあったレベルで自然と人のふれあいを実感できるレースもトレイルランを楽しむうえで大切だな、と再確認できた大会でした。
悶絶しながら険しい山を征服し、頂上あるいはゴールで満足感を得るのではなく、あくまでも旅トレラン的にゆるーく非日常ランを楽しみたい方におススメですね。是非参加してみてください。


【コメント】
トレイル大会は、各地で開催していますが、
地元住民の理解がないと開催できません。
その点、白馬国際は、地元の方があたたかいというのは、
参加者としてもうれしいですね。
コースも自分のペースで楽しめそうですし、これからトレイルレースに参加しようと思っている方には、
おすすめですね。

Kさんありがとうございました。


白馬国際2013

【大会名】おんたけスカイレース
【開催日】2013年8月25日(日)

Kさん


1. 現在の走力
2013年9月に念願の100マイル完走!を果たしたものの、「オフシーズン宣言」なるサボり発言をしたため、現状は20~30kmでお腹いっぱいレベル。

2. 当日までの準備
月に2~3回トレランやウルトラのレースに出場し、月間走行距離は200~300km、月間累積獲得標高は8000mくらいを続けていました。ただこれらは100マイル完走のための準備でしたので、正直おんたけスカイのために何かした、という訳ではなかったです。
ただしトレーニング以外の、当日仲間でワイワイ楽しむための準備はしっかりしました!

3. 当日の様子
まずは前日。受付と説明会、そしてパーティー!
説明会では、王滝村の村長さんが御嶽信仰と、修験者たる「先達」についてのお話をしてくださいます。

3000m級の峻険たる御嶽は、ただ登頂するだけでも大変なこと。本来はエラい人しか先達とは呼ばれないようですが、走って登る皆さんはもう、凄い!エラい!完走した人、みんな先達!といった内容のお話(意訳)を頂きました。


そうかー!完走したら我々、先達って名乗っていいのかー!
と、パーティーのビールも相まってテンションが跳ね上がっていきます。目指せ先達!


その後、スタート地点すぐそばの「胡桃沢旅館」さんにお世話になりました。「ゆきちゃん」という劇的に可愛いワンコ(撫でるとお腹を見せてくれる)が看板娘の旅館です。旅館のお子さんもランナーで?宿にはマラソン大会のトロフィーや盾も飾ってあったり。うーん、地元とのふれあいがある大会ってステキだな!
ここの女将さんには、「来年もきっと来まーす!」と約束しました^^


さて、前置きが長くなりましたが、いよいよ本番です。


死ぬかと思った。


以上。




・・・・・・




いや、冗談みたいな感想ですが、もう、ほんとに、「生きて帰れたー!!」というのが一番でした。
スタート地点やスキー場の登りではまぁ、普通の雨だったのですが、、


山頂に近づくにつれ、次第に道は両手を使ってよじ登るような急峻な岩場となり、その全ての岩場が滝となり、風は吹きすさび、フード越しにも強烈な雨が叩きつけられ、体は冷え、足は踏み外し、ヘッドバンドはすっ飛び、手袋はもげ、あれ何だか体が痛いぞバチバチバチ何だこれ痛たたた、これ雨じゃない雹だ!危険ですのでコース変更、途中折り返しのアナウンス!


キロ30分くらいかけて何とか岩場を下りきった時は、「け、怪我しなくて良かった、、、生きて帰れた!」と心から思いました。
ああ、本当、なんて恐ろしいレースだったんだろう。また行きたいなぁ(笑)


ちなみにゴール地点ではカキ氷が売られていたのですが、8月だというのに凍えきった選手が欲しがる筈もなく、急遽あったかいお汁粉が作られて好評を博しておりました。
カキ氷のストローでお汁粉を食べたのは初めてでしたが(笑)、地元の皆さんの対応力に大感謝でした!!
ああ、美味しいお汁粉だった、、、^^

4. 今後参加する方へのメッセージ
2013年はたまたま悪天候に見舞われたため、かなりの混乱がありましたが、寧ろそのおかげでより思い出深い、楽しいレースになったと思います。
ここまでのアドベンチャー気分を味わえるレースは滅多にありません!
もちろん晴れれば最高の景色、お鉢めぐりや鏡のような美しい池を堪能できた筈ですので、結局天気がどうなっても楽しいレースと言えますね!多分!


そしてもう一つ。この近辺には巨大な滝があり、ここでは滝行が行えます!
来年は是非、フンドシと草鞋を持ってレースに参加したいと思っています。


この大会はレースだけでなく、その前後。御嶽信仰をからめた土地の人々の文化を知れることも大きな魅力だと感じています。
寧ろレース自体は短いですし、遠方から来られる方はそういう所も楽しまなきゃ損です!?


というわけで、観光も含め、土地を丸ごと楽しむトレランレースと考えてはいかがでしょうか。
先達の称号を頂いて、一気に御嶽が好きになったランナーからのメッセージでした^^


【コメント】
スカイレースの一番のご褒美は、景色です。
苦労して上ったときの爽快感は最高ですね。
Kさん、ありがとうございました。


おんたけスカイレース



トレイル完走記

【大会名】富士山麓トレイルラン
【開催日】2013年10月05日(土)

Dさん

富士山麓トレイルランにラン友5人と参加してきました。私を含め3名がロング、他2名がショートを走りました。

ロードでの怪我がきっかけでリハビリのつもりで今春からトレランに参加しはじめ、記録はともかく少しずつ距離を長くしていきました。

スタート時間が遅かったので当日早朝車で出発。この大会の大きな魅力は都心から日帰りできることもあげられます。

天候は生憎の雨。最初はレインジャケット着るか迷いましたが、弱まる気配もなかったので着用。スタート地点の羽根子山までブロック順に登っていきます。レースはロードなどの持ちタイムからブロックが分けられており、ウェーブスタート。おかげて渋滞はほとんどありませんでした。
足元はぬかるんでいましたが、往路の足和田山は問題なくクリアし、青木ヶ原樹海へ。生憎の雨で景色を堪能することはできませんでしたが、雨の中の青木ヶ原樹海はとても幻想的で感動しました。ここでレースの約半分が終了です。ちなみにトイレはここまで我慢しなくてはなりません。さあ、落ち着いたところで後半に突入です。後半の方が急な斜面が多かったように感じます。ぬかるんだ斜面に多くのランナーが考え込むのか下りで若干渋滞があったように思われます。
私も何度がぬかるみに足を取られ転倒してしまいました。ここまでくれば泥んこ遊びのようで逆にテンションあがります。

ロングで18KMという距離でしたが、十分に楽しめるコースでしたし、六花さんプロデュースらしくホスピタリティに富んだ大会でした。

【コメント】
日帰りでしかも壮大な富士山周辺を走れるトレイル大会は魅力的です。
18キロですが、十分満足できる大会のようですね。

Dさん、ありがとうございました。


top.gif



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。