上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャリティーランナーとして東京マラソン2013に参加させて頂きました。


8月のランこよ会での抽選。
26日の北海道マラソンを直前に控えた24日、有川氏からのおめでとうメールで当選を知りました。
直前の7月に10年以上住んでいた東京から、実家のある静岡に引っ越し、鎌倉トレランに参加する事も地理的に厳しく、単に暑いって事もありましたが、ランなんてどうでもいっかな~と思い始めたところでの、思いもよらない当選に、テンションMAX!!!
2日後の北海道マラソンはDNSすら考えていましたが、ちょうど半年後の東京マラソンに向けて、練習していない中でどの程度走れるのかを試すのにちょうど良い機会だと、ほんとに都合の良い考えでスタート!初マラソンで記録したPBには遠く及ばなかったものの、4時間切りの3時間54分で完走。
北海道とはいえ、8月のフルマラソンでサブ4を達成できたことにだいぶ満足。
この流れで半年後の2月の東京マラソンでPB更新!!!という思いは当然に抱き…特にランこよ会を代表して走るという事からも恥ずかしくない走りをしたいと思ったのですが…一方で、そうそう走る事のできない東京マラソンをめいっぱいに楽しみたいという気持ちと、2011年12月のNAHAマラソンを仮装して走った時の沿道からの多くの声援を忘れられず(笑)、何よりも9月以降もなかなかランする時間を確保できずに体重管理もうまくいかずに(仕事が忙しいって言い訳で…)、ファンランして思いっきり楽しむと決めた!

1月に大会案内を受け取り、概要を確認。
チャリティランナーには、専用のチャリティーシャツが配布されるとのこと、チャリティーシャツは「I‘m running for…」の文字がプリントされていて自分の想いを記入して、着用してみんなで走りましょう!!とのプログラムあり。


この時に自分は何のために走るって、改めて考えたわけですが、
まぁ走り始めた元々のきっかけと言えば、自分の中では毎年春の恒例イベントとなっている夏に向けてのダイエットプログラムの一環であって…たまたま参加した鎌倉トレランでさらに走る事の楽しみを覚え。。。
やっぱり楽しく走りたい、仮装で楽しく走りたい、と自分に言い聞かせて?自分の想いに素直になることにしました。

チャリティ枠だからなのかどうなのかは分かりませんが、ゼッケン引換証に、スタートブロックの記載がなく、ゼッケンNoのみの記載。タイムを狙う大会であれば当然、スタート地点により近いAが良いと思うわけですが、今回はファンランしたい思いから出来れば後方スタート希望!!!と自分勝手な思いを抱きつつ、前日23日の選手受付会場へ。

東京に来ること自体が半年振り以上で、その時点でテンションアップ。
受付会場は、参加された皆さんはご存じのとおり、チャリティーランナーは受付入口が一般ランナーとは別に存在。
うぉ~!!!この先どんな待遇が待っているんだろうって期待したところ、特別扱いされたのは入口だけ・・・正直、ちょっと期待外れ・・・(何を期待していたんだって話ですが(^_^;))

それより何よりショックだったことは…スタート地点がAブロックだという事が判明。
陸連登録していた事が仇となったのか、申込み時点の申告タイムが虚偽だったのか真相は迷宮入りですが、とにもかくにも、Aブロックの他の方々への迷惑をかけないようにすることは当然のこととして、後ろに続くBブロック以下の方々にもいかに迷惑をかけないようにするか、という事が直近の悩みの種というよく分からない状況に。。。

で、当日の朝。
7時半前にスタート会場の東京都庁に到着。
荷物預けは、チャリティーランナー用のトラックが用意されているものの、着替え場所やらトイレやらに関しては当然のことながら?!他のランナーとの区別なし。
この辺の取り扱いこそ分けた方が良いのでは?とチャリティー枠参加だからこそ?!感じてしまった傲慢な思い。

いざ、スタート地点に8時過ぎに到着。
Aブロックでもたくさんの仮装ランナーの方々が降臨!!!
ここぞとばかりに一緒に写真を撮らせてもらいました。
自分も仮装して楽しむ、周りの仮装ランナーを見て楽しむ、そして沿道の方々に笑顔で応える。
それが自分の今回のテーマです。

邪魔にならないようとAブロックの最後方に位置するも、スタートが近付くにつれて、Bブロックの方々が前方につめてきて…結局迷惑かけそうと、ちょっと反省。

9時10分、待ちに待った東京マラソン2013のスタート。

スタート直後は当然の事ながら、ランナー大集団。
自分はスローペースで走っているので、どんどん抜かれていきます。なるべく迷惑かからないように隅の方をひらすら遠慮がちにラン。
沿道から声援をくれる方々との序盤からのハイタッチができることもこのポジションで走ることの楽しみの一つでした。

走り始めても本当にいろんな仮装ランナーがいるな~と周りを見ながら1人ウキウキ。
素敵な方がいれば、チャンスがあれば、走りながら写真を撮らせてもらうという何とも言えない楽しみ方。

そして、チャリティーシャツを着ているランナーにはついつい「頑張りましょう!!」や「楽しみましょう!!」と声をかけて…多くの方が、それに応えてくれる事がやはり嬉しかったです。

ファンランさせてもらった為に、35キロの壁も感じるも、ドラマチックな展開もなく(ごめんなさい・・・)、最後まで沿道から声援をくれる方々とハイタッチ&記念撮影ができ、特に、30キロ過ぎに鎌倉トレランで知り合えた、秋山さんも発見!!!
一度、素通りしかけましたが、もしやと思って、近づいていって本当に良かった。。。
これもファンランのおかげです。(笑)

それでも最後は、微妙に欲が出て、4時間30分は切りたいと思ってしまって、ラストスパート!!!
ラスト195Mの門のところで記念撮影を躊躇した自分にちょっとだけ後悔ですが、グロスで4時間29分30秒程度でフィニッシュ。


ゴール後のチャリティーランナーの取り扱いはどうなるんだろ???とちょっとした期待。
で、用意されていたのは、チャリティランナー専用の着替えコーナー!!!!
これまたちょっと拍子抜けで、もう少し至れり尽くせりな環境が用意されていても良いかな~って正直、思ってしまいました(^_^;)

制限時間をめいっぱい使って楽しむという点からすると、少しだけもったいない事をしたかな~とやっぱり少しだけ反省。
それでも、度胆を抜かれた仮装ランナーにも出会え、本当にファンランで本当に楽しく走れたことに大満足でした。

今年も変わらず、楽しみながら走り続けていきたいと思います。


スポンサーサイト
東京マラソン2013 チャリティランナー完走記
報告が遅れてしまいましたが、昨年8月から始まった東京マラソン2013の完走記としてお伝えします。

気軽に応募した東京マラソンチャリティーランナーでしたが、まさかの当選連絡が届きビックリしたのが8月末。そして、この後の6か月間、楽しく多事多難な日々を過ごすことになりました。

当初、私の参加目的は「ファンラン」でした。それは、東京マラソン=お祭り=楽しむ、という流れでファンランが一番いいかなぁ~と思っていました。とは言え、練習はきちんとしようと思い、9月/10月はそれなり練習をしていたのですが・・・11月/12月が多忙/体調不良が重なり思うような練習が出来ない日々が続きました。この時期、モチベーションが落ちたのですが、年末に当初の目標であった「ファンラン」から「Sub4」狙いに変えて心機一転、楽しみながら頑張ることを決めました。

目標が変わったので、年始からの練習方法も変えました。
メインは週末の距離走と帰宅ランに加え、“ランこよ”のイベントを活用して、自分に足りないところを補っていく練習方法に変えました。
まずは、年始の箱根駅伝観戦付き30キロLSDへの参加。久しぶりのイベント参加、そして初30キロLSDへの参加でした。運悪く強風!!ただ、この時、強風を体験出来たことで、今年何度となく遭遇した強風に対して抵抗力を養えました(笑
その後、何回かLSDイベントに参加、そしてスピード不足を補うために神宮ヤッソにも参加しました。ここで、早い方の走りを参考に、いかに早く走るかを色々と試しました。
そして、1月、ゼッケン引換証などの封書が届きました。ここでモチベーションアップ!大会案内なんてほとんど読まないのですが、何度となく読み返しました。

ゼッケン交換とTシャツ受け取り@EXPO会場
ゼッケン交換の期間は木曜日~土曜日、私は金曜日にゼッケン受け取りに行きました。参加された方はご存じかと思いますが、チャリティランナーは一般受付と別窓口が設置されていました。そうです、受付の時点からちょっとしたVIP気分なのです!でも、ゼッケン交換に行ったのが金曜日だったため全体的に空いていて、敢えて窓口を分ける必要もない程度でしたが、受付の方々に親切に対応していただきました。たぶん、土曜日にゼッケン交換へ来られた方にとっては、この特別な対応をフルに生かせるのかなと思いました。
(知り合いから聞いた話ですが、土曜日は相当な混み具合だったようです)
ゼッケンを受け取ってすぐ、チャリティランナー用Tシャツを貰いました。これは、参加記念のTシャツとは別にチャリティランナー用Tシャツで、裏に「I’m running for…」の文字とともに記入スペースがあります。このメッセージが意外と決まらず、直前まで苦労しました(笑

当日の準備、そしてゴール。
当日の朝、例のTシャツにマジックでいくつメッセージを記入しました。これはチャリティランナーだけの悩みかもしれません。(悩んだのは私だけでしょうか???)
変なこと書けないし、といって上手いことも書けないし、結局ベタなメッセージを朝早く起きて書きました。
(チャンスがあれば、寄せ書きみたいにしてもよかったなぁ~と今思いました)
東京マラソンのスタート地点は、自宅に近いため少しゆっくりとスタート地点に移動しました。
スタート地点は人で溢れていました!さすが東京マラソンって感じで、待ち時間もやっぱり寒かった!!
目標はSub4、前半は抑え気味に、後半は徐々にペースを上げるイメージで挑みました。調子がいい時は、前半より後半のラップが良いので、ハーフぐらいまでは抑えていくプランを立て、それを実行しました。ほぼ、プラン通り前半抑えた分、後半は止まる感じもなく、楽しくSub4達成で完走出来ました。

ゴール後@チャリティラウンジ。
ゴール後、ボランティアの方々に祝福され、かつ、自分でも清々しい気分で更衣スペースへ移動しました。ここで、チャリティランナーの専用ラウンジ登場!前日受け取った資料で「チャリティランナー専用ラウンジ」という存在を知ってから気になっていた場所!
一般更衣スペースの奥にそのラウンジは存在しました。結構広いスペースに男女の更衣室、ストレッチスペース、テーブル&椅子の休憩スペース、そして、水・コーヒー・お茶の無料提供という設備が設置されていました。しかも、温かいお手ふきまでもらえたので、これは気持ちよかったです。ストレッチスペースで柔軟をした後、帰りが込みそうなので長居せず帰宅しました。案の定、会場を出るまで相当歩きました(汗

そのほか@更衣スペース。
見たわけではないのですが、その他の催しにもチャリティランナー専用というのがあったらしいです。ただ、私がラウンジでゆっくりしている間に、続々とランナーがゴールしていたため、ラウンジから出たときには人が沢山いて、催しモノには寄り道しませんでした。来年チャリティランナーとして参加される方は、是非、そのあたりも楽しまれるとよいかもしれません。

東京マラソンに参加するのは2回目(前回は2008年)なのですが、前回よりも沿道の方々の声援がとても励みなり、最後まで楽しく走ることが出来ました。

今回、この機会を与えてくださった皆様に感謝するとともに、来年以降参加される方の健闘を祈ります。

東京マラソン2013ご報告

2013年2月24日(日)天気は晴れ、気温5度、風5m以上の天候のもと、
第7回東京マラソン2013が開催されました。

今回は、私の当日の様子をまとめましたのでご報告いたします。

当日朝、5時起床。めずらしく途中起きることなく、めざめのよい朝でした。
5時30分に家をでてコンビニでおにぎりを2つ購入。
鎌倉駅5時51分の電車に乗りました。
大船駅で新宿ラインに乗り換え乗車。今回は足を温存するために、グリーン車にすることにしました。
電車の中でおにぎりを一つ食べ、新宿に7時前に到着。
このときは、いつもと違い、だいぶ満腹感がありました。前日に食べ放題で炭水化物を摂取したことがよかったのかもしれません。
トイレに行き、着替えをすまし、荷物を渡し、スタートブロックに1時間前である8時10分に並びました。
そのためだいぶ前のほうに並ぶことができました。
45リッターのごみ袋を着て寒さをしのぎましたが、それでも1時間待つのは寒かったです。
この1時間の間、ひたすら大腿部をマッサージし続けました。
私の場合、しっかりストレッチをやらないと後半痙攣をおこすことがわかってきました。
今回、このマッサージがよかったと思っています。

そして、9時10分、スタートしました。スタートロスも14秒とよいスタートです。
このあたりに並んでいるランナーは、とにかく前に行きたい人とファンランの人とのギャップがはげしく、
最初の1キロは肘ウチを何度もされました。

今回のペース配分は、5キロ21分で30キロまではがんばる。それ以降は気合という設定です。
いよいよ3時間の戦いがスタートです。

2年前のペースと比較してみました。
前回は、第5回大会の東京マラソンです。

05キロ
今回:20分43秒  -1分12秒
前回:21分55秒


最初の6キロは下り基調なので、この区間は20分30秒くらいになることは想定していました。
とても気持ちよいスタートです。感覚としては、どこまでも走れるようなそんな気分でした。
ちょっと軽すぎるかなぁ。
1キロ地点から応援もものすごく、走れることに感謝とこれからの3時間に対する不安と楽しみが交錯していました。

そんな中、ニシさーん!!と黄色い声援が!!
らんこよメンバー、爆走娘福田さんから、最初のカツをいれられました。
こりやあ、気合がはいらないわけありません。
この後もたくさんのらんこよメンバーから声援をいただきました。
ありがとうございました。


10キロ
今回:41分33秒(20分50秒)ー1分08秒
前回:42分41秒(20分45秒)

皇居沿いを走り、順調に進みます。
このあたりになると、同じペースの人がまわりにいるので、ペースをつかむのが楽でしたが
風が強かったです。給水所のコップも飛んでしまうほどでした。
ペースも予定どおり、21分前後をキープし、順調でした。


15キロ
今回:1時間02分21秒(20分48秒)ー1分24秒
前回:1時間03分45秒(21分04秒)


品川をめざす直線。ここも強風でしたが沿道の応援がたいへん力になりました。
反対車線から、トップ選手がきました。まだ20名以上の集団でした。
ペースも落ち着いてきました。しっかり21分をキープ。足も問題ありません。
なんか調子がいいそ!!っていつもこのあたりは思うわけですが、まだまだこれからです。


20キロ
今回:1時間23分30秒(21分09秒)ー1分29秒
前回:1時間24分59秒(21分13秒)


相変わらず、風が強いですが、まわりのランナーにしっかりついていきました。
ちょっとペースが落ちましたが、許容範囲です。
ハーフも1時間27分台で通過。さてそろそろ疲れがたまるころですが、
やはり沿道の応援、らんこよメンバーからの応援で、元気に走れました。
つらくないつらくない!!と脳をだまし続けます。
前の人についていこう!!そんな気分でした。


25キロ
今回:1時間44分45秒(21分15秒)ー1分13秒
前回:1時間45分58秒(20分59秒)

トップランナーとすれ違い、元気をもらいます。
ここまでほぼ、予定通りのペースできていますが、やはり疲れがでてきました。
途中、水分をとり、気を取り直して前のランナーについていきます。
銀座周辺の応援がすごかったです。


30キロ
今回:2時間06分15秒(21分30秒)-1分22秒
前回:2時間07分37秒(21分38秒)


さていよいよ30キロ地点です。予定どおり、2時間6分台で通過です。
30キロ通過タイムは、2年前と比べて1分22秒はやいペースです。
いつもですと、このあたりで足にきますが、まだまだ元気です。
声援にもこたえて、気合注入です。ここからがマラソン!!
まだまだ疲れてないぞ!!と脳をだまし続きます。


35キロ
今回:2時間27分52秒(21分37秒)ー1分39秒
前回:2時間29分31秒(21分54秒)


いつもこの30キロ~35キロでペースダウンするのですが、
なんとか許容範囲でクリアです。
前回もここのがんばりが後半を左右しましたので、今回もここがポイント区間と考えていました。
足も重くなってきましたが、まだまだいけそうです。前方のランナーを追い抜く数も増えてきました。
さてここからは、計画など意味がないエリアです。
とにかく、大幅なペースダウンをしないようにまわりのランナーについていきます。
何が起こってもおかしくない時間帯で、マラソンの醍醐味でもあります。
な~んて、振り返ると言えますが、実際はそんなこと考える余裕はありませんでした。

とにかく、時計とのにらめっこです。
ラスト5キロを何分で走ればいいんだろう。
キロ5分くらい??いや、キロ4分30秒かぁ。
油断はできないけど、なんとか大丈夫かなぁ。
ラスト4キロを何分で走ればいいのかなあ。
4キロなんていつもならすぐすぐ、大丈夫だ!!
たかが、ヤッソ4本だ。いけるいける!!
え、ヤッソ4本かぁ。ラストの4本??しんどいなあ。いやいや最初の4本だよな。
裸族に抜かれる!!(知る人はわかるネタ)逃げろ~!!

通過するたびに、いろいろなことを考えてばかりいました。
余計に消耗したかもしれませんね。

このあたりで、サブ3いけるかもとおもいはじめました。
いや、冷静に冷静に・・・・・。まだまだ地獄が待っているぞ!!

40キロ
今回:2時間49分59秒(22分07秒)ー2分26秒
前回:2時間52分25秒(22分53秒)


40キロ地点を2時間50分00秒以内で通過すれば、サブスリーいけると考えはじめました。
そうしたところ、2時間49分59秒で通過です。
これはあとからみたタイムですが、正直あまり時計をみる余裕がありませんでした。
このあたりはアップダウンが多く、足もいっぱいいっぱいでした。
らんこよメンバーの声援、沿道の声援をエネルギーにがんばりました。
ラスト2.195キロをキロ4分30秒でいける!!自分にかつをいれました。
40キロ地点で80%いけるぞ!!と思いました。
いや、いかねば!!ってほんとにいけるのか。
ふくらはぎが悲鳴をあげてきたぞ!!前回このあたりで攣ったよなあ。


ラスト300m!!3時間いけますよ!!
沿道から聞こえました。私の周辺はサブスリーギリギリのランナーばかりで、
みんな必死です。
ビッグサイトの脇にでて、最後のコーナーをまわった段階で、2時間58分台をカウントしてました。
こりゃいけるのか!!ほんとにいけるのか!!ほんとにいけるぞ!!いやいかねば!!
最後の直線で100%確信しました!!
やったぞ!!初サブちゃん!!
ゴール!!!
まだ時計は、2時間台を指していました。

ゴール後、私より年配の方が、大泣きしていました。
泣くなよ!!と仲間に言われていましたが、
私もついついもらっちゃいました。最高の瞬間です。


ゴール:2時間59分27秒 -2分59秒
前回: 3時間02分26秒



【感想】
正直、当日をむかえるのが憂鬱でした。
一応、インストラクターの端くれとして活動しているわけですが、それなりの走力があって当然という目でみられるわけです。
3時間20分くらいだと、「ニシさん、調子悪いの??」って・・・。
ここ最近のレースをみても、ふがいない成績が続いており、2年前の東京M以来、更新できていません。
イベントをおこなっていると、なかなか自分の練習ができないわけですが、そんなのは言い訳にすぎません。
なんとか、結果を出さないと・・・。
マラソンはタイムがすべてではありませんが、タイムをめざすのもマラソンです。

そんな心境の中、走ったわけですが・・・・。
らんこよメンバーの方が、応援していただいていると思うと、
みっともない走りはできません。これがいい緊張感だったのかもしれません。

今回、目標が達成できたのは、らんこよメンバーのおかげです。
当日の沿道の声援は当然ですが、facebook上でのみなさんのがんばっているコメントをみると、
いつも元気をもらってばかりいました。特に、らんこよ女性陣はすごい!!
また、純粋にランニングを楽しんでいますよね。ほんとすばらしい方ばかりです。


私がみなさんに元気をあたえないといかん!!
ラスト2キロはそんな気持ちで走りました。

これで、グランドスラマーのスタート地点にたてました。
私も次なる目標にむかっていきますので、みなさんも一緒にがんばっていきましょう!!


最後に
東京マラソンの大会関係者の方々、ボランティアスタッフの方々、
沿道で声援をくださった方々に対して、御礼を申し上げます。
本当にすばらしい大会をありがとうございます。

そして、健康な体に育ててくれた両親に感謝!!!




























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。